健保からのお知らせ

2009/12/21

健保組合は国が担うべき役割と負担の押し付けに、断固反対します。

国は協会けんぽの厳しい財政事情を名目に、本来は国が負担すべき費用を健保組合などに転嫁しようとしています。財政赤字に苦しむ健保組合にとって、『1,400億円もの国庫負担の肩代わり』とてもは耐えられません。健保組合加入者の皆様に理解していただくパンフレットができましたので、下記からダウンロードいただきご覧ください。

添付ファイルのダウンロードはこちら

このページのトップへ