当健康保険組合が実施している共同事業

HOYA健康保険組合が、個人情報保護法第23条第4項第3号に基づき実施している共同事業は下記のとおりです。

  1. 1.当組合適用事業所と実施している健康診査および健康増進、維持活動。

    (1)個人データを共同利用する趣旨
    当組合と当組合の適用事業所は、労働安全衛生法に基づく一般健康診断及び特殊健康診断と当組合が被保険者に必要と考える健康診査を同一日、同一場所において総合健診として実施し、健診結果に基づき、健康の維持・増進活動を行う。本共同事業は、事前問診からはじまり、健診項目の決定、当該健診、事後指導と一環のながれで、被保険者・従業員の健康について一元的なデータ管理をすることにより、また、入社時から退職にいたるまでの、当HOYAグループ内での健康増進、維持活動をおこなっていくものである。なお、保健指導に当たっては、当組合が提供するWebサービスを用い、同サービスに含まれるメール機能も活用し活動することがある。

    (2)共同して利用する個人データの項目
    健康診断問診、労働安全衛生法に基づく健診結果、健康保険組合が実施する健康診査結果、総合健診に基づく事後指導記録(産業医及び保健師等による指導)、集合教育の参加の有無、以上に必要な適用情報

    (3)共同利用者の範囲
    健康保険組合事業担当者、事務長、常務理事。健康保険組合全適用事業所(当組合規約による)。
    適用事業所が健康診断を業務委託するHOYA福祉共済センター。健保組合及びHOYA福祉共済センターの業務処理委託者(HOYAサービス(株)HOYAグループOSH推進室)

    (4)利用する者の利用目的
    当組合は、当組合実施の健康診査結果並びに事業主からの健診情報・問診情報をもとに、被保険者並びに被扶養者へ、早期治療の勧めや健康相談等を実施する。また、健診結果等から集合教育の実施を行なう。これらの事業により、一人一人の健康増進を図るとともに、医療費の削減を目的としている。また、事業所にあっては、事後措置および良好な職場環境づくりを目的とする。

    (5)データ管理責任者の氏名または名称
    当組合のデータ管理責任者 事務長
    HOYAサービス(株)HOYAグル-プOSH推進室のデータ管理責任者 HOYAグループOSH推進室長
    HOYA福祉共済センターのデータ管理責任者 専務理事
    各事業所のデータ管理責任者

  1. 2.健康保険組合連合会(以下、「健保連」)と実施している「高額医療給付に関する交付金交付事業」

    (1)個人データを共同利用する趣旨
    健康保険法附則第2条に基づく事業で、当組合にとって高額な医療費が発生した場合に、その費用が健保連から交付されるものである。その事業の申請のために、診療報酬明細書(調剤報酬明細書を含む。以下「レセプト」という)のコピーと当該レセプト患者氏名、性別、本人家族別、入院外来別、レセプト請求金額などの記載した書類(交付金交付申請総括明細書)を健保連に提出。

    (2)共同して利用する個人データの項目
    前項総括明細書の記載事項のほか、レセプト記載データ1枚目の部分の項目。但し、請求金額1千万円以上のレセプトについては、レセプトデータの全て。

    (3)共同利用者の範囲
    健保組合給付担当者、事務長及び常務理事。健保連・組合財政支援グループ職員、健保連の業務処理委託業者(財団法人社会経済生産性本部・社会情報システム部)

    (4)利用する者の利用目的
    当組合は(1)の事業申請をおこなうことにより、交付を受けるために利用する。健保連・組合財政支援グループは当該組合から申請が間違いないかをチェックし、適正な交付を行なうために利用する。なお、健保連では、申請の時効等の関係上レセプトコピーについては、1年程度保存し、イメージデータにしたものを4年程度保存。

    (5)データ管理責任者の氏名または名称
    当組合のデータ管理責任者 事務長
    健保連・共同事業管理責任者 組合財政支援グループ グループマネージャー

個人情報に関する窓口

HOYA健康保険組合個人情報処理取扱い責任者(健康保険組合事務長)

問い合わせ先 TEL番号03-5913-2441

なお、開示請求、及び苦情処理を受けつけてから、概ね1週間でお答えいたします。

このページのトップへ